市販育毛剤

髪に良い食べ物

育毛のためだけに限らず、日頃の食生活をきちんと見直していくと、身体の全てにおいて良い点が多くあります。


食物には、育毛や髪を健やかに保つために不可欠な栄養素が存在します。

育毛に良いとされるは食べ物はミネラル類や良質なタンパク質、野菜などです。
普段の食事で摂取できるものは出来るだけ食事の中に取り入れていくことが必要です。

具体的な栄養素は、ビタミンB1、B6、B12(ビタミンB群)、ビタミンC、ビタミンE、マルチミネラル、そして、一番髪の本質となるのがタンパク質です。

髪の毛はケラチンという硫黄を含んだたんぱく質でできています。

アミノ酸を多く含んだたんぱく質を取る事が必要ですタンパク質に関しては、サプリメントで採るのは難しいと思いますので、普段の食事から摂るようにして下さい。

タンパク質は、牛肉、いも類、大豆、乳製品などから摂取できます。

育毛だけでなく、髪自体がきれいになるよう食生活の面から改善してみて はいかがでしょうか。

具体的な食品

アミノ酸を含むタンパク質・・・肉、魚、卵、大豆、牛乳など

要素を多く含む食べ物・・・わかめ、昆布、ひじきなど

ビタミンBを多く含む食べ物・・・レバーなど

ビタミンA.C.E.Fを多く含む食べ物・・・にんじん、かぼちゃ、ほうれん草、ナッツ、ごまなど

エイコサペンタエン酸を多く含む食べ物・・・いわし、ぶり、青魚など

これらは髪によいといわれている食べ物ですので意識して食事に取り入れることをおすすめします。


辛いもの育毛のメリットとでメリット


唐辛子

唐辛子を使った食べ物やなどの刺激物は、新陳代謝をあげるので身体に良いと言われています。

代謝を上げるということは血液の流れを良くして、身体の隅々まで栄養が運ばれやすくなるということですが、頭皮や髪にとっても同じように良い効果があるのでしょうか?

刺激物を食べ血行が良くなると髪にも栄養が行き渡りやすくなります。

しかし、抜け毛が増える場合もあります。 それは、刺激物が直接に抜け毛などの原因になることはないのですが、 唐辛子などの刺激物は発汗作用がありますから、多くの汗をかきます。

頭皮に汗をかくと間が繁殖して、皮脂腺から皮脂が分泌されて毛穴がつまり 髪に栄養がいきずらくなり髪が細くなったり、抜け毛が増えるというわけです。

つまり、頭皮に汗をかいたままにしておくことが良くないということです。 頭皮に汗をかいたあとはシャワーを浴びるなど意識して清潔に保つことが 大切です。


コーヒーの飲み過ぎは育毛に良くない?


よくテレビ番組などでは、ブラックコーヒーは身体に良いということを放送しています。

しかし、一方ではコーヒーは肝臓を悪くするなどネガティブな話題も耳にします。実際のところはどうなのでしょう?

コーヒー

コーヒーの飲み過ぎは抜け毛が増える?

コーヒーは南国や赤道に近い国で摂れるものですので、本来は体を冷やす効果がある飲み物といわれています。飲み過ぎると胃腸が冷えて血行不良になります。

血行不良ということは体中への栄養の運びが悪くなるということで、もちろん頭皮や髪への栄養も運ばれにくくなるということです。

コーヒーの他の効能としては、クロロゲン酸というポリフェノールが含まれているため、老化を防止する効果があるといわれています。これは、頭皮や髪の老化防止にも繋がります。

このようにコーヒーには良い所もあり、良くない所もあるということがわかります。何事も程々が身体にとっても良いということです。つまりは1日3〜5杯程度が一番良いと言えるでしょう。

コーヒー好きにはリラックス効果にもつながりますのでストレス軽減によいといえます。ただし、コーヒーは砂糖やミルクはできるだけ入れないで飲むようにしましょう。

コーヒーにタバコは欠かせない!という人もいるかとおもいますが、タバコは血管を収縮させ、血行を悪くします。

育毛環境には最も適しませんので抜け毛が気になる人はタバコをやめる選択肢をおススメします。



日本臨床医学発毛協会も認定の育毛剤はこちら

市販育毛剤ランキングトップへ