市販育毛剤

自毛植毛

自毛植毛の種類

植毛とは、毛を頭皮に植え付けることで日本で誕生しました。
植毛は「自毛植毛」「人工毛植毛」があります。

自毛植毛とは、自分の髪の毛(後頭部や耳の後ろの毛)を自分の薄くなった 頭頂部や生え際などへ移植する手術です。 生きた毛を植えるので、定着率は 90パーセント以上とも言われていて、自分の毛として成長します。

人工毛植毛とは、モダアクリルやポリアミド単繊維などが原料の毛髪素材を自分の 薄くなった頭頂部や生え際などへ植え付ける手術です。

自毛植毛とは違い生きた 毛ではないので、1度抜けるともう生えません。アメリカでは現在、法的に禁止されています。

植毛の際に植える方法は「手植え植毛」「自動植毛機植毛」のどちらかに分かれます。 自動植毛機による植毛は、コンピュータのプログラムで植えられます。

ただし、 頭皮の状態は個々で違うので、あまり定着率が高くないと言われています。
手植え植毛による植毛は、高度な技術を持った専門家が、個々の頭皮の状態などに 応じて1本づつ植えていきます。

も費用もかかりますが、定着率も高く現在ではこの植毛法がグローバルスタンダードといえます。


植える

自毛植毛の特徴について【メリット・デメリット】

近年、薄毛に悩む人にとって画期的な解消法のひとつとして自毛植毛に注目が集まるようになっています。

自毛植毛のメリット・デメリットとしては、自分の毛髪を利用して薄毛を解消することができるというメリットがある一方で、医療行為の一環であることから値段が多くかかってしまうというデメリットがあります。

日本国内では一般的な薄毛対策として育毛剤の利用が普及していることもあって、新しい方法に挑戦する人が少ないといわれています。

そうした中、美容皮膚科や美容外科などは料金設定を工夫するなどして、多くの薄毛の人にとって自毛植毛がより身近なものになるようにする努力を行っています。

自毛植毛は費用こそ高額になりがちですが、育毛剤などよりも確実に効果を得ることができるために、非常に高率的な薄毛対策のひとつとなっています。

現在のところ、自毛植毛の施術を行っている美容皮膚科や美容外科の数はあまり多くはないものの、今後あらゆる場面において広告活動などが展開されることが見込まれており、
育毛剤に代わる新しい薄毛対策として知られるようになると期待されています。

特に、自毛植毛の場合にはAGAと呼ばれる男性型脱毛症に悩んでいる人にとって最適の方法であるとされており、即効性があることから、育毛剤や育毛シャンプーを使用する必要がありません。

そこで、美容皮膚科や美容外科などでは公式ウェブサイト上で申し込みを行った場合には、通常の施術費用から大幅に値引きを行うサービスや、施術後のアフターケアなどに力を入れることによって、顧客の獲得を図っています。

薄毛対策に思うようなお金をかけることのできない人が多い中で、自毛植毛のさらなる普及に注目が集まっています。

育毛サプリメント|男性・女性別ランキング|髪に良い育毛サプリ決定版