正しいシャンプーの仕方

まず熱くて強いシャワーは厳禁!少しぬるいかなくらいがベスト!


シャンプーの時熱いお湯や強いシャワー圧はタブーです。
熱いお湯を浴びるとキューティクルが立ち上がり、逆に皮脂の過剰分泌につなかります。
髪の毛にとってベストなお湯の温度は38℃


シャワーの時には、シャワーを体温に近いぬるめの温度に調節して使ってください。
シャワー圧も程ほどに。浴室の壁に当たったとき、しぶきがいっぱい飛ぶようなら、
勢いが強すぎます。

まず、髪の毛にお湯を含ませるように濡らします。

シャンプーのファーストステップは、先ず髪の毛を適温のお湯でよく濡らすこと
シャワーの下に頭を差し出して濡れるにまかせるのではなく、手を使って、髪の毛にお湯を含ませるような感じで濡らしてください。

髪の毛が傷んでる人は、十分に濡らしたあと、シャンプー剤をつける前に、トリートメントをします。つけるのは髪の毛の毛先の方だけです。

シャンプー

シャンプー剤は髪の毛でなく頭皮につけます!

シャンプー剤も、髪の毛の上からつけるのではなく、頭皮につけます。
頭皮を指の腹でマッサージするつもりでここでもポイントは『頭皮を洗う』と言うことです。

十分な泡でやさしくおこないましょう。
頭皮は髪の毛が生まれる畑といってもいい大切なところですから、
汚れを落とすことはもちろん、よくマッサージして、健康な地肌を保ちましょう。

洗い残しでシャンプーが残ると頭皮トラブルや抜け毛の原因になります。
念入りにおこないましょう。

アミノ酸系シャンプー人気の商品をみる

 

コンディショナー
シャンプーをよくすすいだ後に、適量を手に取り両手にのばします。
髪の根元から毛先に向かってやさしく塗布します。

特に傷んでいる髪の中間~毛先に塗布するようにすると効果的です。
リンスを頭皮にすり込んでいる方がおりますが、
できるかぎり頭皮には付けないようにしてください。

 

最後のすすぎは
ここでもたっぷりのお湯で十分にすすいでください。
あまり流すとコンディショニング効果が薄れるような気がしますが、必要な量だけ髪に吸着してくれますので、よく流しましょう。

ここでトリートメントやコンディショナーが残ってしまうと、ふけ、かゆみ、臭い、べたつきなどのトラブルの原因にもなりますので注意して下さい。

 

洗髪後の乾かし方

乾燥

洗髪後、髪を乾かす際に、ドライヤーを敬遠する人がいます。
ドライヤーは髪に負担を与え、頭皮にも少なからずダメージを与えるためです。

しかし、ドライヤーを使わずに濡れたまま放置しておくと、頭部が冷えて身体全体の血行不良につながります。

さらに、濡れたままの髪はキューティクルがはがれやすくなっているので、そのまま眠ってしまったりすると、枕との摩擦でキューティクルが損傷し、髪が傷んでしまいます。

血行不良は毛髪形成のための栄養伝達を鈍らせ、キューティクルが損傷した髪はダメージを受けて抜けやすくなるので、いずれも薄毛を引き起こす要因となります。


 

正しい洗顔方法を見る

皮膚ダニとは?  

市販育毛剤ランキングトップへ