正しい洗顔方法

洗顔料の選び方



洗顔料の選び方として、オススメなのは「洗顔後、肌がちょっとつっぱる」くらいのものがよいです。

つっぱるというのはそれだけしっかりと 洗顔時に肌の汚れが落ちている証拠なのです。
その分肌は乾燥しやすくなりますが、洗顔後、化粧水や美容液できちんとフォローしてあげれば大丈夫です。


反対に「洗い上がりがしっとりする」タイプの洗顔料は、潤いを守る感じのイメージが強いですがそれは実は油分が多く含まれているためです。

洗顔のために油分を落とそうとしているのにそこにまた油分を与えていることになります。じつはしっとりタイプの洗顔料はあまりお薦めできません。


また最近は弱酸性とよばれるタイプの洗顔料が今はとても多いのですが、これはこだわらなくても大丈夫です。

なぜかというと、洗顔のときに「弱酸性」に戻しても、水道水で洗顔料を流せば中性に
なってしまうのです。

スキンケアで大切なのは余計な油分を取り除き肌に水分を補ってあげることです。
だから、洗顔後、毛穴が開いているときに水分をすぐに補給してあげることが大切なのです。

 

正しい洗顔

正しい洗顔を心がけましょう

洗顔の目的は汚れや古い角質を取り除き余分な皮脂を落とすことで、清潔できれいな肌を保ち、できものや肌のトラブルを避けることです。

水洗いだけ では洗顔とはいえません。肌にあった洗顔料を使ってきちんと洗顔してあげましょう。

洗顔料はクレンジングだけでは落ちない毛穴の汚れや皮脂などをきれいにしてくれます。美肌のためのスキンケアというと、美容液や保湿!と思いがちですが、美容液や保湿と同じように正しい洗顔をすることはとても大切なのです。

美容液や保湿をするということは「肌をきれいにしたい!」ということですよね。だから、洗顔も同じです。ところがそのきれいになるための洗顔方法を間違ってしまうと本末転倒!になってしまうのです。


汚れがあるのがいやだからとゴシゴシこすることは絶対にさけましょう。肌の強い摩擦は老化の原因です。毎日のように続けるとシミやシワ、乾燥や肌荒れになります。


1. 洗顔は、泡の力でおこなうものです。洗顔料は肌の上にのせておくだけで汚れを落としてくれます。

顔につける前にこぶしひとつ分くらいに洗顔石鹸を泡立てましょう。 界面活性剤が入っていないものはあわ立ちにくいので、あわ立てネットを使うとよいです。

2. クレンジング洗顔と同じです
クレンジング洗顔と同じように、ちょっとぬるいくらいのお湯で洗いましょう

3. なるべく早く洗顔料を洗い流してください。
洗顔料の泡を顔にのせてから30秒以内には洗い流し、清潔なタオルでやさしく拭きましょう。

洗顔は朝と夜の2回おこなうのがお肌のためには最適です。



洗顔後のスキンケアの順番と方法はコチラ

スキンケア

いくらやさしく洗顔してあげても、肌に含まれる皮脂膜や潤い成分は逃げてしまいます。
そのまま放置しておいたら肌はどんどん乾燥してしまうので、洗顔を終えたら一刻も早く補ってあげましょう。

化粧水→美容液→乳液またはクリームの順番でつけましょう。ただし、次から次へつければ良いというものではありません。まず化粧水をつけて3分ほどおきます。そして美容液をつけて、また3分おきます。

そして最後に乳液かクリームをつけていきます。冬は乾燥をしているので乳液よりも保湿性の高いクリームの方がよいかもしれません。

やり方としては、手のひらと指でおこないましょう。理由としては浸透力が断然に高まります。手のひらで包むようにおこなうことで、手の体温がスチームアイロンのような効果をしてくれます。せっかく高価な化粧品を使うのですからより効果が高いにこしたことはありません。

 

自分の肌のタイプを知りましょう


オイリー肌タイプの人は下の5つ中で3つ以上当てはまる人です

洗顔してもつっぱらない  
毛穴が広がって黒ずんでいる  
ニキビができやすい
Tゾーンがテカる
肌のキメが粗い


乾燥肌、敏感肌タイプの人は下の6つ中で3つ以上あてはまる人です

洗顔後につっぱる  
目の下にシワやたるみがある  
口のまわりが、
白く粉をふく  
肌に透明感がなく、くすんでいる
かぶれたり、湿疹ができる


混合肌・・ オイリー肌と乾燥肌のトラブルを併せ持つタイプ。

普通肌・・オイリー肌、乾燥肌、どちらにも当てはまらない健康的な肌

 

肌を若く保つ方法


肌をできるだけ若い状態のまま保つにはどういうことをすれば良いのでしょうか?

1.できるだけ紫外線は浴びないこと。紫外線は肌の老化を早めます。紫外線はシワの原因です。 そのためには、日焼け止めクリームをこまめに使用しましょう。

2.加齢とともに肌は乾燥をします。また、加齢とともに皮膚は薄くなり、ハリもなくなります。  

日頃から、保湿クリームや化粧水を使用しましょう。また、顔の筋肉のトレーニングも効果的です。

3.血行不良による老化は、ぬるめのお湯に長めにゆっくり入りリラックスをしてマッサージをするなどをすることで 血行が良くなります。

マッサージは手や足の指先から心臓に向かってさするように刺激します。顔は真ん中から 外に向かって手のひら全体を軽く押し当てながら血流やリンパを首の方に流すようにします。この時オイルやクリーム を使うと良いでしょう。

4.ホルモン不足による肌の老化は、規則正しい睡眠と適度な運動をすることで、成長ホルモンの分泌が促進されます。また、食事のバランスも大事です。
具体的に肌によい食べ物は、大豆イソフラボンです。意識して多く摂ることをオススメします。



市販育毛剤ランキングトップへ