市販育毛剤

育毛剤の種類と選び方

自分の症状に合った効果の観点から選択するようにしましょう


ひとことに育毛剤といっても今は数多くの種類が販売されています。

その中から自分に一番合ったものを見つけるのは大変です。といっても何を基準に選んで良いのかさえもわかりませんよね。

育毛剤は下記の大きく4つのタイプに分けられます。いま販売されている育毛剤はこの4つ成分の配合が違い、それぞれの特徴になっています。

それをふまえた上で自分の頭皮が今どういう状態にあるのかを知る必要があります。
薄毛の原因は様々ですが抜け毛には原因があります。自分のまずは抜け毛の原因を探ってみましょう。

1.血行促進タイプ

頭皮の血行をよくして毛乳頭への栄養補給を多くすることで髪の毛の成長を促すタイプ

2.男性ホルモン抑制タイプ

特に男性に多いとされる男性型脱毛症(AGA)。毛母細胞の働きを鈍くする男性ホルモンの活動を抑えるタイプ

3.毛母細胞活性タイプ

ビタミンなどの栄養分を補給し、毛母細胞に直接働きかけ、細胞の活性力を高めるタイプ

4.皮脂分泌抑制タイプ

過剰な皮脂の分泌を抑制するタイプ。


まずは自分の症状に合った効果の観点から選択するようにします!
同じ効果を持つ育毛剤を複数わないこと。重複効果を避けることが重要です。


男性・女性の育毛剤で今一番効果があると言われている育毛剤はこちら

チャップアップ

チャップアップ公式サイトを見る


女性

MUNOAGE公式サイトを見る

 

育毛剤を始めるタイミングは?


育毛剤は、一般的には薄毛が気になりだしたり、抜け毛が多くなってきたと感じてから使い始めるという方が多いと思いますが、実際にはそれぞれ「まだ少し早いかな?」と思うくらいの時期から使い始めることが一番の始めどきです。

確かに、風邪など体調を崩してしまってから、風邪薬を飲んで回復を願うよりも、風邪をひかないように予防する方が、楽ですし大切なことは日頃の生活から感じられると思いますが、髪の毛にもそれは言えるのです。

薄毛が実感するほど進んでしまったり、抜け毛が多くて困ってからその進行を抑えようとすると、費用を時間も掛かることになり得ます。

出来れば「まだ全然大丈夫でしょ?」と思うくらいの時期から育毛剤を使うことで、その後の髪の毛に対して育毛効果は大きくなるのです。

育毛剤を使うということは、髪の毛を大切に思うことの現れでだとおもいます。

抜け毛や薄毛について考える方の多くは、育毛には日頃の生活習慣も大切になることを知っていると思います。

育毛剤を使うメリットとして、髪の毛を大切に思う為に生活習慣を見直す意識を高めることも期待出来ます。

かたや、毎夜育毛剤を塗って頭皮をマッサージしたりしているのにも関わらず、片や暴飲暴食や睡眠不足が続いたりしているのでは、元も子もありません。

育毛剤は、健康的な髪の毛の生え変わりのサイクルに必要な頭皮環境に整えてくれます。そして、薄毛や抜け毛を防ぐ為に頭皮環境を正常な状態にしてくれ、栄養を与えてくれます。

20代など若い頃から薄毛で悩まれる方には、当然遺伝的要素も多々あるのですが、若い頃から抜け毛が多いというのは、髪の毛が成長を続ける為の頭皮環境となっていない状態にあることは確かでしょう。

そうならない内、「まだまだ早い?」と思うくらいから使い始めることで、育毛剤のメリットがより大きく得られるのです。

逆に言うと、もしも薄毛や抜け毛に悩むようになってしまっても、生活習慣などを真剣に見直し体内のホルモンバランスを整えることに加え、育毛剤を使って頭皮環境を整えてあげることが出来れば、髪が生えてくるということです。

育毛剤の使うメリットを高める為には、早い段階から使い始めること、更に折角育毛剤で頭皮環境を整えようと心掛けているのですから、その他生活習慣を見直すことが大切になってくるのです。



医療用成分・医薬部外品とは?


医療用成分という言葉はよく耳にしますが、体的にはどういう成分のことなのでしょうか?

医療用成分とは、お医者さんに処方してもらう医療用医薬品に使われる成分のことです。

つまり、病院で診察してもらい、病院や調剤薬局で処方箋がないともらえないような薬のことです。

それに対して処方箋が不必要でドラッグストアなどでも入可能なのが一般用医薬品です。

育毛に有効といわれているフィナステリド(プロペシア)は、医療用医薬品ですので、医師に診察してもらい、処方箋がないと服用することができません。
※保険は適応外です。また、女性は副作用が強すぎるため、処方はできません。

医薬部外品という言葉もよく耳にしまが、これは薬事法に基づき医薬品と区別されています。

人体に対する作用が緩やかな薬品で、シャンプー、化粧水、蚊取り線香日焼け止めクリーム、脱毛剤、歯磨き粉などが医薬部外品です。


厚生労働省認可・日本臨床医学発毛協会も認定の育毛剤はこちら

市販育毛剤ランキングトップへ