市販育毛剤

発毛のメカニズムとヘアサイクル

髪はもともと皮膚の一部が変化したものです


髪にはヘアサイクル(発毛周期又は毛周期という)があります。

髪の寿命は男性で約3年~5年、女性で約4年~6年続と言われています。



髪は成長期、退行期、休止期、脱毛期の4つに分けられます。

成長とともに最初は細く軟らかかったものが次第に太毛でハリのある硬い髪になって行きます。

やがて成長が鈍くなる退行期(約3週間)となり、完全に髪の生長が止まる休止期(約4ヵ月~6ヵ月)となって髪は抜け落ちます。

休止期の終わり頃になると、古い髪の毛は頭皮の上部へと上がって行き、その下の部分では次の新しい髪になる毛芽が発生し生長の準備が始まります。
 
毛穴の中が健康な状態なら脱毛と同時にすぐに新しい髪の発毛が始まるのですが、ストレスや何らかの原因でこうした移行がうまくいかない場合があるのです。

この状態が続く事によって抜け毛が多くなり髪が薄いという状態になってしまうのです。

髪は1本1本が独立した生長サイクル(発毛周期又は毛周期という)を持っており、独自に生え替わっていきます。 髪は年齢によって変化します。

乳児や幼児の髪は細く、軟らかく、毛表皮を成人のものと比べてみると、乳幼児は半分くらいの厚みしかありません。 それが年齢とともに太くなり、10代に入るとほぼ成人と変わらなくなります。

私たちの髪の毛は通常一つの毛穴から3本又は5本生えています 。

年齢や男女によって差はありますが、一つの毛穴から3本または5本生えている髪の毛のうち、いわゆる主毛と言われるものを除いておよそ3・4年~6・7年前後の周期で、毎日自然脱毛と発毛を繰り返していると言われており、1日50本~60本位の抜け毛であれば特に心配いりません。

1日に100本以上の抜け毛があるときは頭皮の危険信号です!


通常、毛根の一番下の部分にある「毛乳頭」から栄養が受け渡された「毛母細胞」が細胞分裂を繰り返すことによって髪の毛が造られ、その髪が上に押し上げられて毎日生長しています。



髪が成長する時間帯

22:00〜2:00が最も成長ホルモンが分泌される時間

睡眠は人間にとって必要不可欠です。どんな超人でも寝ないで健康な人はいません。
睡眠時間の不足が続くと身体や精神のどこかに必ず害が生じます。

1日に2-3時間しか寝なくても良いという人がまれにいるかもしれませんが、そのほとんどの場合睡眠障害です。

人間の細胞は睡眠を取ることによって回復し成長します。
髪の成長にとっても、睡眠は非常に大切で、その間に成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは睡眠開始から30分くらいで開始されその後2-3時間おきに分泌されます。

通常は、眠りに入ってから1時間ほど経ってからが、 育毛のゴールデンタイムです!そして、人間の時間のサイクルの中で、 22:00〜2:00が最も成長ホルモンが分泌される時間なのです。


※成長ホルモンは寝ないと分泌されません。

メラトニンという物質が夜中の12時頃にピークになります。
それは、情緒を安定させたり、老化防止・抗ガン作用があります。

充分な睡眠は臓器の免疫力を高め、体の疲れをとって体力を回復させます。

ところが、睡眠不足になって身体の機能が低下すると、生命を維持するために重要度が低いと判断される髪の毛への栄養が一番はじめにストップされてしまいます。

つまり、睡眠不足は髪の毛にとっては大敵なのです。

良質な睡眠のためには、部屋は出来るだけ暗くし、室温は20℃前後、湿度は50%前後が理想とされます。

IPS細胞を使えば髪が必ず生えるようになる?近い将来実現!?

ips

IPS細胞といえば昨今、山中教授が研究をして話題となった万能型細胞です。

IPS細胞は、どんな細胞の代わりにもなるとされ、ガンなどのこれまで完治が難しいとされていた病気でも治癒できる可能性が高まったとして、期待されています。

そんなIPS細胞を使用して、この度慶応大学の研究チームが、毛髪を作り出す組織 「毛包」を部分的に再生することに成功したと発表されました。(2013年1月)

その記事によると、
「研究チームはまず、人のIPS細胞を皮膚となる手前の段階の細胞に変化をさせた。

さらに、皮膚細胞に毛包を作るように働きかける毛乳頭の代わりに、同様の力を持つ若いマウスの皮膚細胞を皮膚になる前の細胞に混合した。

それをマウスに移植したところ、マウスと人の細胞が混ざった毛包の細胞と毛髪ができた。人の毛乳頭には大量摂取が難しいなどの理由で、今回は摂取がしやすいマウスの細胞を使用した。

人のIPS細胞から毛乳頭を作ることができれば、今回のやり方を応用して完全な人の毛包を再生できる可能が高いという。」

IPS細胞の研究が発展すれば、現在の治る見込みのない病気でも治すことができる可能性が大きいといわれています。
そればかりでなく、薄毛に悩む人々にとっても非常に朗報ですね。IPS細胞の研究の進展をただ、願うばかりです。


 

髪の潤いを保つ

正しい呼吸法の記事はコチラ

頭皮にできもの・湿疹ができる原因

市販育毛剤ランキングトップへ