市販育毛剤ランキング

冬の育毛対策

冬の頭皮ケア

夏と冬の頭皮ケアは変えたほうがよいです。夏は夏で、皮脂の分泌がおおくなりますし、
冬は乾燥肌(頭皮も)になり皮脂不足で保湿力がなくなります。

対策としては、夏は場合によっては、軽く朝シャンの必要もあります。過剰皮脂には雑菌(真菌)が繁殖しやすいからです。

冬は、シャンプーでの洗いすぎに注意です。対策として、シャンプー剤に少しホホバオイルを混ぜると泡立ちはわるくなりますが、それでちょうどよいです。

「湯シャン」だけで、薄くなりかけた毛髪を完全回復させています。
また、夏と冬とでの食生活や睡眠時間、気持ちも変わり、結果、たんぱく質やミネラル不足で、抜け毛の原因になります。体調は年中、気をつけておきたいものです。


冬の髪の手入れ

髪・肌にはとにかく乾燥を防ぐことです。頭皮の乾燥は抜け毛やかゆみの元になります。

対策としては、シャンプ-をしてお風呂から上がった後に保湿剤を毛先のほうにつけてあがるのが効果的です。

保湿剤は、洗い流さないタイプのトリ-トメントと明記されている事が多いです。手が乾いたら ハンドクリ-ムを塗るのと同じことです。

ほかには蒸しタオルもオススメです。濡らしたタオルを電子レンジで加熱して頭に巻き5分ほど放置しましょう。あとはタオルをとって頭皮マッサージがよいでしょう。

髪を洗った後にも注意は必要です。中には自然乾燥という方もいますがこれは絶対にマイナス効果です。

髪や肌は濡れたままにしておくとどんどん髪や肌自体の水分まで奪われたしまい、乾いた時には余計に水分を放出しているものです。

さらに濡らしたままにしておくと雑菌が繁殖して抜け毛やかゆみに繋がります。唇が乾くからといって なめてばかりいると余計に乾いてしまうのと一緒です。

また 濡れている時は 髪も膨洵してキュ-ティクルが浮いて弱い状態になっています。
そういう状態ですぐに寝たりすると 枕でこすれたりしてキュ-ティクルがはがれます。 
そういうこともあり お風呂上りは なるべく早くドライヤーで乾かしてあげる方が良いでしょう。

あくまで オ-バ-ブロ-(もう乾いているのに余計に熱を加える事)にならないように気をつけてください 。正しいドライヤーの方法はこちら

 

頭皮の乾燥はフケの原因になります

フケとは、頭皮の角質細胞が剥がれ落ちたもので、角質細胞自体は新陳代謝によって必ず剥がれ落ちるものなので、ある程度のフケは誰にでも発生します。

しかし、体のバランスが崩れてしまうと多量にフケがでてしまうことがあり、これは抜け毛、薄毛の予告の1つだと言われているので要注意です。

フケが脱毛に与える影響 は、毛根を痛め、脱毛の原因になるのはもちろん、 フケをエサとする細菌が繁殖し、かゆみが出ます。 最も怖いのは、フケが毛穴をふさぎ、ヘアサイクルを乱すことです。

フケはバカにできません。 「フケは、脱毛予告」 フケが大量に出ると(最も怖いのが激しいかゆみを伴う脂っぽいフケです)、 例外をのぞき、必ず脱毛します。早い段階で保湿をするようにしましょう。



末端冷え性 乾燥生姜

乾燥生姜

末端冷え性に乾燥生姜が効く

生姜は冷え性に効くというのは有名な話しです。 生姜は料理で使っても擦りおろして、
しょうが湯で飲んだりと実践している という人も多いと思います。

ただ、それは生の生姜だと思います。 実は、末端の冷え性などには、生姜は生姜でも、 乾燥の生姜の効果が非常にすごいんです。

生姜を乾燥させることにより、ジンゲロールと いう成分がショウガオールという違う成分に変化します。

ショウガオールは、手足などの末端だけではなく、 内蔵も温める効果があるため本当に中 から冷えを改善してくれるのです。

さらに、乾燥生姜は保存できる期間も長いんです。
乾燥生姜の作り方は、皮のまま薄切りにしてから天日干しにすれば良いだけなんです。

夏場は1日、冬場は晴天の日でも2.3日かかります。 身体が温まり代謝が良くなるということは、髪の栄養でもある血液がしっかり運ばれるということです。

身体にも髪にも良い乾燥生姜を取り入れてみてはいかがでしょうか。



厚生労働省認可・日本臨床医学発毛協会も認定の育毛剤はこちら

市販育毛剤ランキングトップへ