市販育毛剤

円形脱毛症の原因と治し方

円形脱毛症かどうか見分ける方法


円形脱毛症はAGAや生活習慣などとはほとんど関係がなく、どんな人でも起こる可能性があります。主な原因は、遺伝、ストレス、自己免疫疾患などです。

円形脱毛症は原因が解決すれば治ります。ただしストレスが大きな原因の場合、自分でそれと向き合って解決しなければなりません。

(ストレスが過剰になると、二つの自律神経のうらの交感神経が緊張して血管を収縮させるため、頭部への血流が悪くなり、毛根への栄養補給ができず仮死状態になり脱毛するというものです。) 信頼できる皮膚科へ行って受診が一番です。

円形脱毛症かどうか見分ける方法としては、毛のない部分の周辺の髪の毛を引っ張ってみて特に痛みを感じずに毛が抜けて行く場合は円形脱毛症の可能性が高いといえます。

また、円形脱毛症の部分から抜けた毛を観ると、毛根が細くなっていたり、極端に折れ曲がっているなど普通の抜け毛とは、だいぶ違いがあるのが特徴です。


円形脱毛症



憂うつ、イライラは湿度に関係

「梅雨の季節が嫌い!」という人は、まっさきに「じめじめした空気がいや」との理由を挙げることが多いと思います。
確かに、さらっとした空気のほうが気分がいいですし、陽気な気分になります。

日本より空気がカラッとしているヨーロッパなどの国からきた人は、なによりもまず、日本の湿度にびっくりするそうです。

梅雨どきに初めて来訪した人のなかには、「息ができないような気がするほど、
ムシムシしている」と表現する人もいるとか。

わたしたち日本人はもう慣れっこですが、やっぱり気分がいいものではないですよね。

なんと梅雨の湿度は、快適湿度より2割も高い!
それでは、日本人にとって快適な湿度とはいったいどの程度なのでしょうか? 

一般的に、冬は40~50%くらい、夏は50~60%くらいだといわれています。ところが、梅雨の 季節の湿度 はどうなのでしょうか? 

なんと、家の外でも中でも80%以上になるといわれています。

快適湿度よりも20%以上も高いのですから、不快なのはあたりまえ、といえそうです。

また梅雨時の不快感を呼ぶもとは、それだけではありません。
この季節、家の中では湿度だけでなく温度も“ほどよく”キープされますので、ダニやカビなどのハウスダストの温床になっています。

ハウスダストのたまりやすい空間は、プラスイオンが生じやすくなるといわれており、
これがイライラや憂うつなどの不快感を招くと考えられています。

また、この時期は布団もじめじめ湿気を帯びていますが、ここにもダニはうようです。
プラスイオンに覆われて寝ているようなものではありませんか!

こまめなそうじと除湿機が、梅雨の不快感を断つ!

梅雨の時期こそ、そうじはこまめにしたほうがベターです。
ほこりがたまりやすいところは特に念入りにそうじをし、室内の空気を快適に保つようにしましょう。

また、マンションやなどではあちこちにカビが生えやすいので、湿気対策には除湿機を使い、湿度をコントロールしたほうがよさそうです。

 





市販育毛剤ランキングトップへ