市販育毛剤

ダメな頭皮ケア

これをすると抜け毛が増える!


NG

過剰なブラッシング

ハゲ防止のために、ブラシを使って軽く叩いたり、頭皮を直接刺激したりブラッシングを行うことで、頭皮の血行を促進させるとよいという情報が広まっていますが、これは誤りです。

本来のブラッシングの目的は、シャンプー前に適度なブラッシングで頭髪の中のゴミや
チリを浮かび上がらせたり、髪の長い方が束ねるために行うことです。
決して血行促進という目的ではありません。

ブラッシングにより、柔らかい頭皮を刺激し続けると、皮下の柔らかい皮下組織が痛むだけでなく、場合によっては完全に破壊されることもあります。

荒れた土地に作物が実らないように、痛んだ頭皮には髪が育つはずがありません。 ブラッシングの際には、頭皮まで直接ブラシが触れないように気をつけて行うように心がけましょう。
 

皮脂の取り過ぎ

ハゲに対する間違った認識のひとつに、皮脂は育毛の妨げである、という考え方があります。皮脂を過剰に取り除いている人がいますが、これにより頭皮がボロボロになってしまいます。

皮脂は取り過ぎると老化したり、脱毛症がひどくなってしまう場合もあります。
頭皮を正常に保つには、毎日一回、普通のシャンプーをすることが大切です。
皮脂を根こそぎ取ってしまうような強力なシャンプーを使う必要はありません。

摂り過ぎることによって頭皮が乾燥してかゆみや湿疹、抜け毛の原因になることもあります。皮脂に夫まずは清潔な頭皮を保ち、皮脂に過敏になりすぎないことから始めましょう。

 

過剰なマッサージ

ちゃんとした頭皮マッサージをすることによって、血流が促進され毛根への栄養補給が行き届きやすくなります 。

しかし、間違った方法での頭皮へのマッサージや過剰なマッサージをすることによって
摩擦で熱が発生し、頭皮の皮膚温度が上昇するばかりでなく、強く擦り続ける事によって皮膚がすりむけてしまうこともあります。

過剰なマッサージに身体の防衛本能は反応して、急激に皮脂を分泌し頭皮を固くさせ、脳を護ろうとします。そのため新毛が生えにくくなり、皮膚呼吸もできにくくなるので、
現在生えている髪の毛も次第に細くなります。

したがって、毎日の頭皮への過剰なマッサージは、逆に脱毛症を促進させてしまうことに、つながります。正しい頭皮マッサージをすることをこころがけましょう。
正しい頭皮マッサージ方法はこちら

 

サプリは正しく飲む

サプリは用量を守って必ず使用しましょう。
むやみやたらと強い育毛剤を使えば良いと言うものではありません。

弱り衰えた頭皮(薄毛に悩む80%以上の方の頭皮は弱っている傾向にあります。
見た目ではわからない内部が弱っていると判断が難しい)・赤く炎症のある頭皮・異常ある頭皮・等に「育毛剤]を使い続ける行為は努力とは言えません。

医師や専門家の監修の元で作られていますので、飲む回数や量を勝手に変えることはよくありません。

また、口に運ぶものなので、信頼性がないと飲みにくいと思われます。
サプリは一般的に研究され、しっかりとした医師や専門家によって作られています。

 

抜け毛を量だけで判断しない

やせ衰えた頭皮や毛穴が良くなってくると、一時的に抜け毛が増えたりすることも多々あります。
頭皮・毛穴の良い状態での抜け毛の増加は良い傾向です。
何故なら毛は抜けないと次に生えてきません
し、次に生える為に抜けるからです。


市販育毛剤ランキングトップへ