市販育毛剤

頭皮の健康チェック診断

まずは頭の全体を指の腹で前後に押してみましょう


まずは自分の頭皮の状態を把握しましょう

「最近髪にボリュームが無くなった」「抜け毛が増えた気がする」などの理由で早いうちから育毛ケアをおこなうことは、とてもよいことです。

しかし、そういった原因にはちゃんとそれぞれの理由があります。

勘違いをして過剰に育毛ケアをおこなうと、それが抜け毛に繋がったり逆効果になってしまうこともあります。そのまえに今の自分の頭皮の健康状態をチェックしましょう。

まず最初に両手の指を頭にあてて、5本の指の腹の部分で頭皮全体を前後に押してみてください。

どのくらい動きますか?軽く動くようであれば問題はありませんが、カチカチで全然動かないようであれば頭皮は健康状態とはいえず、抜け毛の危険性が高いと考えられます。  

 

次に頭頂部分に「百会(ヒャクエ)」と呼ばれるツボがあります。
その部分を中指の腹で強く押してみてください。

つぼの画像

 

どんな感触がしますか?

 

気持ちがいいと感じ場合、頭皮の状態はとても健康で

頭皮の感触が弾力性があって、厚みを感じるようであればなお良しです。


痛く感じた場合は危険信号です。
ドロドロになった血液が頭皮にたまっている可能性があります。


ガッチガチに固くて石のように固い場合は、最悪の状況です。

頭皮が圧迫され、固くなっている状態です。既に髪が薄くなっている人や抜け毛が多くなってきている人にとても多い状態です。

健康な髪を生やすためには、まずこの状態をすぐに改善する必要があります。
いますぐ頭皮の状況を改善する必要があります。
 
※頭皮を柔らかくするには頭皮マッサージが効果的です。

また、肩まわりや首もマッサージや運動をして血行をよくする習慣をつけるのも効果的です。

弾力がなくてぶよぶよしている場合は、要注意で

指がグーッと入っていくような感じがしたら、リンパの流れや血液の流れが非常に悪くなっていると考えられます、これも、髪の成長によくない状態といえ改善する必要があります。

 

※頭皮の固さには元々、個人差があります。あくまで本来の固さと比べての基準です。

 

髪を健康にするには、人として健全な生活を送ることが基本です。
栄養バランスの採れた食事運動質の良い睡眠(理想は22時〜2時の間は就寝)
そしてストレスを感じない
これが髪にも身体にも精神面でも健全でいられる最善の方法です。


日本臨床医学発毛協会も認定の育毛剤はこちら


髪の毛の基礎知識

髪の毛
髪の毛の平均的な本数は?

成人した日本人の髪の毛の平均は約10万本程度と言われます。
多い方で、13~14万本、少ない人で6~7万本と多少の幅があります。
但し、髪の素である毛穴は生まれてから数が変わることはありません。

そのことからも判るとおり髪の本数とは遺伝的な部分がかなり影響していると言えます。

また、1つの毛穴から生える髪は、1本とは限らないため、『毛穴の数=髪の本数』とはなりません。

さらに、単純に髪の本数が多ければ、見た目に髪がフサフサしているとは限らず、髪の毛の質によっても大きく見た目は変わります。たとえば太くてしっかりした髪の毛の持ち主は、多少本数が少なくてもフサフサな髪の毛に見えます。



日本人の髪の太さは0.07~0.1mmくらい


髪の太さには生まれつきの個人差があります。細い人もいれば太い人もいます。

また、同じ人の髪の毛にも太さはバラバラで均一ではありません。

髪のコリやハリがなくなってきたと感じるときがあります。

これは加齢や血行不良などの薄毛の影響かもしれません。
女性の人であれば謝ったヘアケアが大きな原因の一つです。

日本人の髪の太さは0.07~0.1mmくらいだと言われます。
生まれつき細い人もいますので、髪の毛が細いから薄毛になると心配する必要はありません。


以前よりも明らかにハリやコシがなくなって、髪が細くなった。
そう感じる人は育毛に取り掛かりましょう。


髪は何でできている?

 

髪の99%はケラチンというタンパク質の1種で構成されています。このことから、髪の毛にとってタンパク質は不可欠であり、重要な要素であるといえます。

ここで重要なのは、このケラチンを構成するメチオニンというアミノ酸は体内で合成できません。そのため、小麦粉・牛乳・レバー・肉・卵・魚・大豆・肉などの食事で、摂取する方法が一番効果的です。 特に植物質の大豆などのタンパク質は、不足しがちですので積極的に摂取するよう心がけましょう

また、植物質タンパク質はダイエットなどでタンパク質を控えている方にも適していると言えます。



ドクターが推奨の生える育毛剤



市販育毛剤ランキングトップへ