男性育毛剤ランキング

髪に良いサプリメントってあるの?育毛サプリは効かない?

育毛サプリメント
育毛サプリというのは、主にノコギリヤシ、亜鉛、ミレットエキス、大豆イソフラボンなどの育毛に良いとされる栄養素が凝縮、配合されているサプリメントのことを言います。

育毛サプリによる育毛対策というのは、体の外側から栄養を与える育毛剤とは異なり、体の内側から直接的に育毛に大切な栄養成分を取り込むという方法です。

育毛サプリに配合されている栄養素は、日頃の食事からはなかなか摂取しにくい栄養素が凝縮されていますので、効率よく摂取できラクに継続することができます。

とくに、そういった栄養素が不足している人には育毛サプリというのは効果的な育毛対策です。

髪が生えるサプリはある?薄毛に効く食べ物と栄養はこちら


育毛サプリ第1位はこちら

育毛サプリ以外で髪の毛を増やす方法を探す

市販の育毛剤や育毛サプリを使用する方法以外で髪の毛を生やす・増やす方法には次のようなものがあります。 育毛剤以外で見つけたい方は自分に合ったものを見つけてください。

目次育毛剤以外で髪の毛を増やす方法5選
1.AGAクリニック
2.増毛
3.自毛植毛
4.育毛シャンプー
5.育毛サプリ

AGAクリニックで発毛治療

病院で治療
いまは病院でも薄毛AGA治療(男性型脱毛症)ができるようになっています。

これは医師の元に診察を受け病院やクリニックでしか処方することのできない飲み薬のプロペシアを飲む治療をします。(同時にミノキシジルなどの塗布する育毛剤の併用する場合もあります。)

約半年から2年毎日1錠を飲み続けることで約8割の人が発毛を実感しているというデータも出ています。毎月の金額は診察料と薬代でおよそ1万円から2万円程度でしょう。

デメリットとしては、医師の元でないと処方できないので毎月1度か数ヶ月に1度の通院が必要であること、病気ではないので保険は利かず全額自己負担だということ。

薬なのでそれなりの副作用も出やすいということ。1度飲むことを再び髪の毛が抜け始めるので一生続ける必要があるということです。

増毛

増毛法
増毛とは育毛や発毛とは違い、自分の今ある髪の毛の根元に人毛や人工毛を数本結びつけるという方法です。

これは「アートネイチャー」や「アデランス」などのCMで見られるようなやり方です。

根本的な薄毛改善の方法ではありませんが、好きな部分を数百本から数万本増やすことが可能です。

また、徐々に増やすこともでき、仕上がりも自然なのです。カツラのように装着するものではないので、不意にとれてしまうようなこともありません。

デメリットとしては、髪が伸びた分、結びつけた部分が浮いてくるので定期的にメンテナンスが必要で月に1度か2ヶ月に1度程度、通う必要があります。

ですので維持メンテナンスの費用が高く、それだけで年間で20万〜40万円かかってしまいます。どこの育毛サロンも毎月、また1年単位の契約制になります。

自毛植毛

植毛
自毛植毛とは、育毛や発毛とは違い自分の後頭部の生きている毛根の株を薄くなった部分へ植えこみ定着させて髪を生やす方法です。

植毛というとメスを使用して皮膚を移植するようなイメージがありますが、最新の方法ではメスを使用しない方法が主流になってきています。

また、以前は移植後に結局またハゲてしまうようなこともありましたが、最新の施術方法だと定着率が95%以上になっています。

施術後、半年から8ヶ月ほどで新しい自分の髪の毛が生えてきます。

他の薄毛対策と異なり1度施術が終われば、それで完了となりお金もかかりません。

デメリットとしては、金額が高めで約30万円〜300万円となります。(植毛の本数によって異なります)

ただし、他の育毛方法と生涯のトータル費用を比較するとそこまで高額とも言えません。

育毛シャンプー

育毛シャンプー
育毛シャンプー、スカルプシャンプーというのはそれ自体には発毛効果はありません。

他のそうでない市販の安価なシャンプーの原料というのは、主に食器洗い洗剤などでも使用されている界面活性剤が配合されています。

これは、石油製品が作られる際に出るもので洗浄力は超強力で頭皮や毛穴のゴミや脂分を根こそぎ綺麗に取ることができます。

しかし、髪の健康な成長に必要な皮脂までとってしまうのです。皮脂が足りなくなると人間は本能的に自ら皮脂を出そうと脳が指令を送ります。

そうなるとどんどん毛穴から皮脂が分泌されるようになり結果、毛穴がつまり丈夫な髪が生えてこなくなり抜け毛がどんどん増えてしまうのです。

洗浄力が強すぎるシャンプーを毎日使用することは、とくに髪が細い人や丈夫でない人が使うと致命的です。

育毛シャンプーというのは、アミノ酸などの頭皮に優しい成分で作られているので、刺激も弱く髪の成長に必要な皮脂は残してくれるのです。

そうすることで、頭皮の健康が保たれるので抜け毛が減り自然と髪が増えたと感じるようになります。

育毛は正しい方法で諦めず続けることが大切

コツコツ育毛

間違った育毛法だったり、過度の抜け毛対策というのは意味がないどころか、逆に抜け毛を増加させる可能性があります。

ほんとうに抜け毛を減らし髪の毛を生やしたいと思うのなら、面倒くさがらずに毎日愛情を持って自分の頭皮に接することが何よりも大切です。

また、やると決めたらある程度、長期的に続けていこうと決心が必要です。人の細胞が入れ替わるには、最低でも数ヶ月はかかります。(肌や髪の場合)


一番ダメなのは、結果が見えないからとすぐに諦めてしまうことだったり、中途半端に気が向いた時にだけやってみるということです。

毎日の頭皮マッサージはもちろん、育毛のために良い生活習慣をコツコツ続けることが大切です。

※1番効果のある発毛法というのは、自分の状態に合った正しいやり方で1日も早く対策を始めるということ、そして、結果が出るまで簡単に諦めず続けることです。

ストレスを溜めないように呼吸を意識しよう

呼吸法

悩むという行為やストレスも育毛には非常にマイナスです。

マイナス思考の人は呼吸が浅くなりがちな傾向にあります。日頃から呼吸をゆっくり深くするように心がけましょう。

ストレスを溜にくい呼吸の方法は、まず全身をリラックスさせながら口からゆっくり長く息を吐きます。

そして、もう全く息を吐けないくらいまで出し切ります。

そうしてから、ゆっくりと鼻から限界までいっぱいに息を吸い込み、吸いきったら、その状態で10秒ほど息を止めてから、またゆっくり長く口から息を限界まで吐きます。(繰り返し)

抜け毛予防、発毛対策を始めるのに早過ぎるということはありません。

後悔先に立たずです。今日からココロ新たに生活習慣の見直しや健康な頭皮環境作りを始めてみてはいかがでしょう。

これから育毛はどう進む?2020年代後半には薄毛の人はいなくなる?

治療の進歩

育毛業界は大変な進歩を遂げていますが、それはやはり頭皮の細胞のメカニズムがどんどん解明されてきたからでしょう。

頭皮にかかわる研究は世界中でされています。数年で一気に技術が進歩することも珍しくありません。

やはり抜け毛で悩んでいる人は多いですから、それだけ髪の毛に関する研究チームも多いのでしょう。

最近では、大手メーカーが再生医療の技術を駆使して、毛髪を蘇らせるという研究を進めていることがニュースにもなりました。

いまは実用化に向けて目指しているようです。

再生医療とは、すでに失われてしまった機能を回復させる治療法です。

ips細胞は2006年に誕生した再生医療に重要な役割を果たす細胞として、京都大学の山中教授らの研究の成果が大々的に報道もされました。

山中教授らが人間の皮膚細胞に導入してヒトips細胞の作製に成功したのが2007年11月のことでした。

それをきっかけに今ものすごいスピードで医療が進化してきています。

ひょっとしたら、2020年代後半には、日本から薄毛の人が消えているかもしれません。

最新の育毛剤ランキングはこちら

育毛サプリメント|男性・女性別ランキング|髪に良い育毛サプリ決定版